浮かび上がる、沈み込む。

人生的にも感情的にも浮き沈みが激しいです。どちらかというと、溺れてると言った方が正しい。

早朝。

 上の階の住人がベッドから落ちた的な物音で、早朝に目が覚めたのだけれど、その後起き上がったような物音も足音も聞こえてこないので良からぬことを想像してしまって、今めちゃくちゃ怖い。


 最初は屋根に積もった雪が落ちたのかと思った。けれどそれは明らかに外からではなくて建物内で響いた音だった。スマホか何かが床に落ちたような音も一緒に聞こえた。ソファやベッドから意図的に飛び跳ねて足で着地した音ではなかった。眠って意識のない状態の体が、ゴロっと落下してフローリングにぶつかったようにしか聞こえなかった。

 ベッドから落ちたのだとして、階下の人間が目覚めるような音を立てるほどの衝撃なのに起きないなんてことあるのか。私はベッドから落ちたことがないのでわからないけれど、絶対に痛みで起きると思うの。なのに全然動く気配がないの。え、ちょっと待って。まさか死んでないよね……。ベッドから落ちて頭打って死ぬとか可哀想すぎるし本当にやめて……。いや、ないとは思うけど。

 もう1時間以上経つのに動く気配が一向に感じられなくて、とにかく怖くて仕方ない。胸がざわざわする。私の想像力が変な方向に飛躍しているだけで、杞憂に終わればいいのだけど、1週間後とかに「遺体が見つかりました」なんてことになりませんように。