浮かび上がる、沈み込む。

人生的にも感情的にも浮き沈みが激しいです。どちらかというと、溺れてると言った方が正しい。

守る、守られるということについてのおはなし。

 私にとって大切な人の中に、ある男友達がいる。

 男性であるということも含め、実は結構クズな部分もあることを知った上で、大切だし大好きな友達である。相手がどう思っているかは分からない。本当は、友達だなんて微塵も思っていないかもしれないし、そうだとすれば、こっちが一方的に「大切な友達」だと思っているのも、迷惑かもしれない。
 それでも、自分はなるべく彼の味方でありたいし、なにより、守りたいと思う。

 「守る」というのは、とても抽象的だ。違う言い方をすれば「精神的に支えたい」なのかもしれない。彼が助けを求めたときに、もし自分が力になれるなら、自分が何かすることで彼の救いになるなら、それに応えたいと思っている。
 相手が男友達でなくても、恋人や夫に対してそういう気持ちを抱く女性はいると思うのだけど、今日なんとなく「守りたい男性」というワードでググったら、検索結果として出てきたのは、


「男性が思わず守りたくなる女性」
「男性に、守ってあげたい、と思わせるテクニック」


 こんな感じの内容のコラムがズラーッと並んだ。ちなみに、「守りたくなる男性」でも結果は同じだった。


 どうして、絶対的に「守る側=男性」「守られる側=女性」という構図なんだろう。男性は守られるはずがないほど強いのだろうか。女性は常に守られていないといけないほど弱いのだろうか。
 男性は強くなければいけないのか。女性は男性より弱くなければいけないのか。

 この構図、私の中では、男性が女性より優位に立つために作られた構図のように見えて、むしろ、男性が自分の首をぎゅうぎゅうに絞める構図だな、と思う。

 男性だって、ふと甘えたいとか守って欲しいと思うことくらいあるだろうに、この構図がとてもナチュラルにスタンダードとして染み付いている人は、女性に対して弱いところを見せまいと強がって平気な振りをして、いつのまにかそのストレスが積み重なって疲れ切ってしまうだろう。
 あるいは、素直に守ってほしい欲求を表現出来ないがために、女性との距離が出来てしまって、関係が上手くいかなくなったりもするんじゃないか。
 しかも、相手の女性の中に「守る側=男性、守られる側=女性」の構図が染み付いている場合、仮に男性が素直に守ってほしいと表現出来ても、「男のくせに弱い、女々しい」「私の方が守って欲しいのに……」という否定的な感情が生まれてしまう。特に10代から20代前半の女性の中には、こういう考えの人が一定数いる気がする。


 なんだか切ない。「精神的に支える」ということには性差なんてないはずなのに。「守る」ということばに置き換えた瞬間、どうしてこんなに優しくない意味を持ってしまうんだろう。本来はとてもあたたかいことばのはずなのに。
 たまに気持ちが弱ってしまうからって、守ってほしくなるからって、それが「弱い人間」であるということには決して直結しないのに。


 冒頭の男友達も、どちらかと言えば強がる傾向が濃い。強くあろうとするところは素敵だけど、自分の中の「悲しい構図」を崩せれば、更に強くて素敵になる気がする。
 彼だけじゃなくて、世の中の強がりな男性も。そしてもちろん、女性も。
 私自身も、「守る、守られる」ということに限らず、自分の中に定着してしまった「悲しい構図」を、崩していければいいな、と思う。